自動車のナンバープレートの表示に係る新基準とは


ナンバープレートにカバーを取り付けたりすることを禁止するほか、一定の位置、方法によってナンバープレートを表示しなければならないことを盛り込んだ法改正が実施され、平成28年4月1日に施行されました。

ナンバープレートを見やすく表示しましょう

現行法においても、ナンバープレートはより見やすいように表示することが義務付けられています。

しかし今回の法令の改正により、平成28年4月1日以降、ナンバープレートにシール等を貼り付けることやカバー等で覆うこと、汚れた状態のままにすること、回転させること、折り返すことなどが明確に禁止されました。

また、フレームなどでナンバープレートを被覆する際、ナンバープレートの文字や数字の一部を隠してしまうことは禁止事項となりますので注意が必要です。

平成33年4月1日以降登録の車両について

平成33年4月1日以降に登録を初めて受ける自動車などの車両に取り付けられるナンバープレートについては、一定範囲の上下向きや左右向きの角度でなければならないこと、フレーム・ボルトカバーを取り付ける際は一定の大きさ以下のサイズでなければならないこととなります。

平成33年4月1日以降に初登録する自動車などの車両のナンバープレートについては、その角度などがかなり細かく規定されています。

違反すると50万円以下の罰金

ナンバープレートの違反については、道路運送車両法違反の規定によると50万円以下の罰金が課せられます。注意が必要なのが、反則金ではなく罰金となるところです。

罰金刑は禁固刑や懲役刑と同様に刑事手続における刑罰となり、前科がついてしまいます。もし違反を自覚している場合は、即刻ナンバープレートを法律に基づいた状態に戻しましょう。

まとめ

今回のような細かい法改正は、テレビなどではなかなか報道されません。そのため、法改正により違反となった場合でも、そのことを知らずに是正することなく、前科がついてしまうことがあるので、自動車などの運転免許証を保持している方は、日頃から法改正について情報収集するようにしましょう。