75歳以上免許保有者10年で倍増


75歳以上で運転免許を保有している人がこの10年で倍増し、2016年6月現在で過去最多の495万人余りに上っていることが警察庁のまとめで分かりました。

75歳以上の運転免許保有者が10年前の倍に

全交通事故のうち加害者が75歳以上の高齢者となる事故の割合も10年前の倍になり、高齢者には自主返納を促すよう取り組んでいる。

しかし、都道府県別で比較すると、地方ほど高齢者の免許保有率が高く、生活の足として自動車が不可欠になっている実態が浮かび上がっています。識者からは運転免許の返納とは別の対策を求める声が上っています。

国も法改正により規制を強化

国は2017年3月から、75歳以上のドライバーを対象に免許更新時や交通違反時に実施する認知機能検査で認知症が疑われれば、医師の受診を義務付けるなどの法整備を行いました。このため、75歳以上の免許取得の状況などを調べました。

増加する75歳以上のドライバーによる事故

警察庁によると、2015年末現在の免許保有者のうち75歳以上の人は477万9968人です。2005年末から10年で2倍超えの数字になりました。最新のデータ(2016年6月末現在)ではさらに増え、495万3912人となっています。

一方、2015年1年間の交通事故件数は約51万件で、2005年の88万3730件と比較すると4割減となりました。

しかし、75歳以上が第1当事者(過失が重い方の当事者)となった事故の割合は、3.2%(2005年)から6.5%(2015年)に倍増しました。

重大な事故も相次ぎ、2015年11月に福岡県みやま市では93歳の女性が運転する車がバイクに衝突し、バイクを運転していた高校2年の男子生徒が一時重体になり、2016年10月には横浜市で87歳男性が運転する軽トラックが登校中の児童の列に突っ込み、当時小学1年の男子児童が死亡しました。

まとめ

2016年は高齢者のドライバーのニュースが多く報道されました。免許返納が最善なのかもしれませんが、自動車がないと生活がままならない地域も多くあります。少子高齢化問題や限界集落の問題などと一緒に対策を講じる必要がありそうです。